FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別支援学級の同級生が遊びに来た。

昨日の夕方4時過ぎ頃、郵便局へ行った帰りに息子が通う小学校の特別支援学級の同級生の女の子が「鍵を忘れちゃったから、お家に入れない。」というので、家に連れ来てお母さんから連絡があるのを待つことにした。

同級生なんだけど学年が違う(息子は2年生、女の子は6年生)こともあって学校外ではほとんど遊ぶことの無い二人なんだけど、お互いおとなしい性格で気は合うようだ。

ふたりでWiiのマリオをやって、ギャーギャー盛り上がっている。
学校で一緒に過ごしている時間が長いから、気心も知れているようで普通級の子が遊びに来た時のような、なんとなくヨソヨソしいようなぎこちなさが無い。

そんな様子を見ていて、「やっぱり、普通級に入れてもっと色んな子と接する機会を増やしたい。」という思いが強くなってきた。

普通級に通った場合の「一日のほとんどが理解できない授業」や「周りの子についていく」などの息子への負担と、「友達との接触が与えてくれる刺激や楽しさ」とのバランスなんだと思うけど、できれば小学校に通ううちに実現できればいいなぁ、と思う。

欧米の学校や、名古屋の一部の学校では、普通級に通いながら補助する教員が付いてくれて指導してくれるやり方をしているところもあるようで、そのやり方を息子が通う小学校にも導入して欲しいと思っている。



コメントの投稿

非公開コメント

タグ

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12| 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSリンク

ランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
14581位
アクセスランキング≫

[サブジャンルランキング]
病気・症状
3074位
アクセスランキング≫

アーカイブ

全ての記事を表示

リンク

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。