FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザの予防にマスクは無効?

 おかあさんが、慢性腎炎の治療中で免疫力が低下していて、医者から、「家族がインフルエンザに感染したら、すぐにタミフルやリレンザなどを飲んで下さい。」と言われる程なので、家族でインフルエンザ予防に努めています。

 出掛ける時は、必ずマスクをして、外出から戻ったら、すぐに服を着替え、殺菌力のあるハンドソープで1分間の手荒いとイソジンでのうがいをするようにしているのですが、

医学博士の外岡立人さんによると、
マスクによる感染予防効果は、実証されていない。」
のだそうです。

既に罹患している人が咳をすることで、ウィルスを含む飛沫を飛ばさない効果はあるそうですが、ウィルスはとても小さくて、マスクは浸透してしまうので「防御の効果はない。」とのことなのですが、

本当にマスクには、インフルエンザ感染予防の効果は全くないのでしょうか?

同氏によると感染は、

感染者が咳をする、飛沫が机などに付着する。
   ↓
その机に他の人が触り、手にウィルスが付着する。
   ↓
ウィルスが付着した手で、目をこすったり、口に触ったりする。
   ↓
感染!!

というケースが多いのではというのです。
それだったら、マスクをしている間は、手に付いたウィルスが口から体内に入るリスクも少しは減っているような気がします。

同氏は、「うがい」の予防効果にも疑問を呈しています。
「粘膜に付着したウィルスは約10分で体内に吸収されてしまうから、10分おきにうがいをしないと効果がない。」
というのです。

手洗いは効果があるそうですが...

マスクうがいインフルエンザ予防効果はもしかしたら、非常に低いのかもしれませんが、ゼロではないようなので、我が家では今年の冬は続けようと思っています。
おかあさんの命に関わるかもしれないことなので、出来ることは何でもしたいのです。

タグ : インフルエンザ 予防 マスク うがい 手洗い 外岡立人

コメントの投稿

非公開コメント

タグ

カテゴリ

最新記事

カレンダー

11 | 2018/12| 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

RSSリンク

ランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
14581位
アクセスランキング≫

[サブジャンルランキング]
病気・症状
3074位
アクセスランキング≫

アーカイブ

全ての記事を表示

リンク

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。